2023年WBC日本代表チームプレビュー

野球のシーズンが到来し、野球界で最も注目される大会のひとつが開催されます。ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は、世界中の野球選手が一堂に会し、野球の醍醐味である華麗な試合を観戦することができます。 

サッカーのFIFAワールドカップと同様に、この大会は大陸間ブラケット方式で行われ、最強の国々が優勝を争います。その中には、WBCで最も優れた代表チームの一つとされる日本も含まれています。

この名誉ある大会の開幕を間近に控えて、いまだ疑問が残っている。日本はWBCで優勝できるのか?他の強豪国との対戦を想定した初陣の顔ぶれは?

ここでは、日本代表のWBC優勝の可能性と、まもなく始まる大会で活躍が期待される選手たちを紹介する。 

2023年日本代表のスターティングメンバー

2023年の予想ラインナップは、メジャーリーグのスーパースターや日本プロ野球リーグからの選手も多く、日本には素晴らしい選手が山ほどいることになる。この素晴らしいラインナップを考慮すると、2023年に日本と戦うのは難しいでしょう。 

中村悠平  

中村悠平は、NPBのMVP候補であり、捕手としてオールスター級の才能を持っている。その回復力、スピード、守備の正確さは非の打ちどころがない。 

彼は東京ヤクルトスワローズでプレーしているが、NPBで最も成功したチームの一つであり、それは彼のチームへの貢献と優れたコーチングによるものである。相手チームの驚異的なストライクを打ち消すことができる雄平が日本一の捕手であることに疑いの余地はない。 

山川穂高

埼玉西武ライオンズの山川穂高内野手は、日本が必要としている視野の広さとリーダーシップを持った素晴らしい才能の持ち主である。彼の技術と野球IQは、自チームや相手チームの内野手を凌ぐものであり、日本にとって大きなプラスとなる。 

また、穂高はパワーバッターでもあり、大会の重要なイニングで得点を挙げることができる。オールラウンダーであり、フィールドで多才な選手である。 

源田壮亮 

源田壮亮選手も穂高選手と同じくらいの精度を持つ内野手です。それよりも、相手チームの失点を防ぐための反応の速さに特徴がある。

山川穂高の守備のパートナーとして、日本と対戦する場合、正確なショットを打ち、得点を挙げることは難しいだろう。穂高と並んで宗介が輝き、今以上に守備を充実させてくれることだろう。 

村上宗隆 

村上宗隆は内野手として優秀だが、その攻撃力を評価されている。2022年シーズンには最多三塁打記録を樹立し、WBCに向けてもこの支配力を維持していくだろう。

この気の利いたパワーヒッターは、間違いなく日本代表チームに大きなインパクトを与えるだろう。日本にはすでに実績のある守備ユニットがあるので、村上はそれに加わるだけで、登録選手にとっては常に良いことである。 

sportsbet-cta-1

吉田正孝 

吉田正孝は、日本のユニット外野手の中でもトップクラスの選手であり、MLB出身のベテランとしてチーム全体のプレーに貢献してくれるだろう。ボストン・レッドソックスでのプレーは、彼の名前に多くの資格を与え、チーム内で最も尊敬される選手の一人となることでしょう。

レッドソックスでは、この左腕は、なぜ彼がMLBでより有能な守備の一つであるかを証明している。正確なセーブを捕るという驚異的な才能を持つ彼は、守備面でもチームに貢献するだろう。また、打者としての能力も高く、チームに素晴らしい攻撃力をもたらしてくれる。 

ラース・ヌートバー 

ラース・ヌートバーもまた、日本が得点を挙げることを難しくする守備面で多大な貢献をする素晴らしい外野手である。正隆と並ぶ右翼手として、ラースは大会中にいくつかのセーブをすることができる素晴らしい補欠選手です。

攻撃面でもラースは素晴らしい。守備力の高さには定評があるが、得点力もあり、WBCで日本を優位に立たせることができるだろう。 

鈴木誠也 

鈴木誠也はシカゴ・カブスのファンで、NPBの広島東洋カープでプレーしている選手である。左翼手の控えとして活躍する一方、攻撃的な選手としても知られ、打撃では強烈なストライクを放つ。

オールスター出場5回、ベストナイン受賞6回など輝かしい記録を持つ。攻守に渡ってチームに貢献する数少ない選択肢の一人となることは間違いない。 

大谷翔平

ロサンゼルス・エンゼルスのスーパースター、大谷翔平は間違いなくチームの先発投手となるだろう。エンゼルスでの彼のキャリアは素晴らしく、今リーグで最も注目されている選手の一人です。

他の国にはもっとインパクトのある投手がいるのは確かだが、日本にはまだ、ピッチ上で適切なプレーをする偉大なスーパースターの可能性があるのだ。日本のアイデンティティは守備にあるが、翔平の打撃力には気をつけたいところだ。 

ダルビッシュ有

統計的に見ると、ダルビッシュ有の平均投球回数は194.2回と翔平よりわずかに上だが、翔平は166.0回にとどまっている。とはいえ、この2人の投手は非常に似たプレーをしており、2023年のWBCではともに日本代表としてプレーすることになる。

ダルビッシュ有は、守備固めのボールを投げると打者に衝撃を与えるパワーピッチャーです。たとえ相手バッターが運良くボールを打ったとしても、ユウは驚くほど周囲を察知し、WBCの優勝の可能性を左右するセーブのために完璧なパスを出すだろう。 

日本が2023年WBCの優勝候補の筆頭である理由

他の上位候補の中でも、日本は2023年WBCに臨む最強チームのリストの一部であることは間違いない。しかし、なぜ日本が上位候補とされているのでしょうか?以下に、この日本代表チームにもっと注目すべき理由と、彼らが大会全体を勝ち抜くことができる理由を紹介します。 

優れたディフェンス 

日本代表には、相手チームの失点を徹底的に防ぐディフェンスストッパーが揃っていることは間違いない。左翼、右翼、中堅の選手たちは世界でもトップクラスであり、相手の失点を最小限に抑えることができれば、それは大きな意味を持つだろう。 

充実した野手陣

前述の通り、野手は優秀で、この堅固なディフェンスの中で得点するのは至難の業です。しかし、野手は意外と万能で、強烈なストライクを打てば失点することもある。また、攻撃力を重視していることも、日本代表の勝率が高い理由です。 

華麗なるコーチング  

WBC日本代表チームの監督には、大谷翔平選手を見事に成長させた栗山英樹氏が就任する。2012年から2021年まで日本ハムの監督を務めた経歴を持ち、その守備設計には定評があり、チーム全体のフィールドプレーをより良いものにしてくれることでしょう。 

日本がタイトルを獲得するための最大の脅威

日本は非常に才能のあるチームだが、このメンバーでは大会の深いラウンドで脅かすことができるチームがまだいくつかある。WBCでは決して勝利が約束されているわけではなく、2023年大会に向けた最も手強いライバルは以下の通りです。 

アメリカ  

マーク・デローザ監督率いるアメリカチームは、優秀な選手とコーチングスタッフを擁し、優勝候補の筆頭に挙げられているチームです。マイク・トラウトをはじめ、ムーキー・ベッツやクレイトン・カーショウといったドジャースのスーパースターも登録されており、強力なチームとしての地位を確立している。

つまり、WBC本大会でも日本は良い勝負をすることになる。史上最高の野球リーグで、世界最高の選手と称される選手たちと対戦することになるのだ。 

ドミニカ共和国 

ドミニカ共和国は、メジャーリーグで活躍する選手を多く擁し、WBCの有力候補です。パドレスのフアン・ソト、マニー・マチャド、マリナーズのフリオ・ロドリゲス、ルイス・カスティーヨといったスター選手がドミニカ共和国を代表する選手となります。

ドミニカ共和国は、米国と並んで、日本が優勝を狙う上で最大の脅威となるチームであり、選手層も厚い。また、2023年大会のメンバーを見ても、ドミニカ共和国の攻撃力は過去最高水準にある。

WBC2023は、大会が始まれば間違いなく最高のライバルが揃うだろう。日本はその数少ない優勝候補の1つであり、彼らのディフェンス、オフェンス、そして強い意志が、どんなチームも優勝へと導いてくれることでしょう。もし、あなたがWBCでのスポーツベッティング日本を深く掘り下げようと考えているなら、Sportsbetを訪れて、莫大な配当を獲得してください。 

sportsbet-cta-2