Dota 2では、MMRとランキングはどのように機能するのか?

Dota 2は世界で最も競争の激しいマルチプレイヤーゲームの1つです。そのため、奥深いランキングシステムにも注目する必要があります。Dotaを始めたばかりの方は、マッチメイキングの評価システムの仕組みについて詳しく調べてみてください。

MMRシステムは長い間、Dota 2の定番となっています。Dota 2は、業界では一般的になっているランキングシステムを最初に実装したゲームの1つです。

MMRは、人々が世界最高のプレイヤーを評価するための指標となっています。もし彼らが高いMMRを持っているならば、スポーツベットマーケットのトップチームでプレイする彼らを見ることができる可能性が高いでしょう。では、MMRに関わる要素とゲームへの影響について見ていきましょう。

プレイヤーがランク戦のマッチメイキングを解除する方法

Dota での旅を始める前に知っておきたいのは、ゲームを最大限に楽しむためにはある地点に到達する必要があるということです。ランク戦のロックを解除する前に、まずDota 2を100時間プレイする必要があります。同時に、有効な電話番号も取得しておくと、Steamアカウントとリンクさせることができます。電話番号を変更することもできますが、その場合は数ヶ月間待つことになるので、前者の方が良いでしょう。

10回のキャリブレーションマッチを行い、その後、最初のメダルとMMRを手に入れることができます。このキャリブレーションマッチは、MMRラダーでの順位を決める最大の要因になるので、必ずベストを尽くしてください。これは、日本や東南アジアなど、多くの地域のesportsでも大きな役割を果たしています。

MMRとは? 

MMRはマッチメイキングレーティングの略ですがただの数字というだけでなく、もっと深い意味があります。これはDota がゲームでのスキルを測るために使う統計なのです。MMRは時々捉えどころがないことがあります。不運な連勝や厳しい連敗をする人もいるからです。しかし、MMRは客観的な視点からプレイヤーを評価するのに最適な指標であり、多くのプレイヤーはより高い数値を得るために勝ち続けなければなりません。

プレイヤーがより多くのMMRを獲得する方法

勝ち星を積み重ねることで、MMRが高くなるのは明らかです。ハイレベルな試合をする中で、自分のスキルを最大限に発揮できます。

また、Dota 2にはクラシックなランクを含む多くのモードがありますが、特定の役割を選んでプレイするランクロールもあり、それを遵守する必要があることも知っておく必要があります。

ランクメダル

MMRの数値とは別に、プレイヤーにとってより分かりやすい指標となるメダルが存在します。Dotaには様々な種類のメダルがあり、そのどれもが他とは異なる特徴を持っています。MMRは自分だけが見ることができるので、ランクマッチをプレイしている姿を他の人が見たときに、このメダルが目に入るのです。

  • ヘラルド:Dota 2で最も低いランクのメダルで、ダイヤモンド型のメダルとタンゴで表現されています。Herald 1のメダルはMMRが最も低い0に与えられ、Herald 5は769 MMRが上限となります。Heraldはランク戦では最下位ですが、この層のプレイヤーには常に成長の余地があります。
  • ガーディアン:770のGuardian 1から始まるこのメダルは、バックラーというアイテムをモチーフにしています。また、このメダルは5段階あり、ガーディアン1から始まり、1539MMRポイントのガーディアン5で終わります。
  • クルセイダー:アクイラの指輪をモチーフにしたクルセイダーランクは、1540MMRの1段階からスタートします。これは、クルセイダー5の最大値である2309 MMRまで伸びることになります。
  • アルコン: Dota 2 のプレイヤーベースが最も多く存在するメダルです。ユールのディヴィニティセプターというアイテムにインスパイアされたアルコンは、2310MMRから始まり、3079MMRまで到達します。これはほとんどのDotaプレイヤーの平均的なティアであり、これに到達すればプレイヤーのマジョリティに含まれることになります。
  • レジェンド: ブラックキングバーのデザインにインスパイアされ、3080MMRから始まり、3849MMRポイントまで到達します。平均以上のプレイヤーのスタート地点で、熟練したプレイヤーも見受けられますが、それでも時々くだらないミスをすることがあります。
  • エンシェント:3850MMRから始まるエンシェントは、優秀なプレイヤーがしっかりと存在するメダルです。マンタスタイルのデザインにインスパイアされたこのメダルには、トッププレイヤーになるスキルを持った優秀なプレイヤーがいますが、4619MMRポイントまでなので、まだトップランキングに入ることはできません。
  • ディバイン:このメダルはディバインレイピアをモチーフにしたもので、4620MMRから始まり5420という高い数値まで到達します。世界最高峰のプレイヤーはこのメダルを常時所持しており、その上にもう一つメダルがあることを除けば、彼らはすでにプロレベルのプレイヤーであると主張することができます。
  • イモータル:5420MMRポイント以上を獲得すると、イモータルに入ることができます。この階層には、イージス・オブ・ザ・イモータルのデザインを思わせるメダルが置かれ、メダルの下には、イモータルラダーにおける自分のポジションを象徴する数字が加わります。このメダルは、ランキングの上位に入るほど、より良いものになります。
sportsbet-cta-1

MMRダブルダウントークンがMMRの増加に貢献する仕組み

Dota PlusのメンバーシップとBattle Passシーズンの期間中は、ダブルダウントークンがプレイヤーに配布されます。このトークンは、試合でより多くのポイントを獲得するための手段として機能しますが、その試合に負けると、失うポイントも2倍になってしまいます。

Dota にこのような仕組みがあるのは重要なことです。なぜなら自分のスキルに自信があればダブルダウンを使って勝てることを示すからです。勝負の分かれ目である試合開始数秒の間にダブルダウンを決めなければなりません。

ランク戦に勝つための最も確実な方法は?

MMRを増やしたいなら、ランク戦に勝つための確実な方法があるはずです。そのような試合はたいてい厳しいものですが、何をすべきかのチェックリストがあれば、確実に勝利できる可能性が高くなるかもしれません。

以上が、ランク戦のプレイを開始する際に考慮すべき要素です:

チームメイトと適切なコミュニケーションをとる

Dota はチームゲームであり、大きな勝利を得るためにはチームメイトとうまく協力する必要があります。一人のプレイヤーが他のプレイヤーを支えることもありますが、将来的にもっとMMRを獲得できるように、均一性を確立する必要があります。そのためには、ゲームプレイを伴わないコミュニケーションも必要です。

ただ、言いたいことを明確にし、簡潔かつ丁寧に伝えることが必要です。ゲームそのものについても、敵の配置やワードのこと、ローシャンのタイミングなど、いろいろと伝える必要があります。それを続けることができれば、成功につながるはずです。

必要な役割を果たす

Dota 2には5つの役割があり、プレイヤーはその役割の範囲内にとどまることが推奨されています。もちろん、その役割に独自のアレンジを加えることもできますが、ほとんどの場合、その役割の範囲内にとどまることで、チームの秩序を保つことができます。以下がその役割です:

  • キャリー
  • ミッド
  • オフレーン
  • ソフトサポート
  • ハードサポート

オブザーバーワードを適切に使用する

Dota には オブザーバーワードという重要なゲーム内アイテムがあります。これは基本的にセキュリティカメラで、期間限定でマップ全体に仕掛けることができます。適切に配置することができれば、チームの視界は敵よりも優位になります。しっかりとしたポジショニングで、相手の意表を突くことができるのです。

ロールキューはランクマッチングをどう変えたのか

かつてのランクマッチメイキングは、プレイヤーが好きな役割のヒーローを選ぶことができる自由なものでした。ランクマッチメイキングでもそれは可能ですが、プレイヤーは自分の好きな役割のためだけに行列を作ることができるランクロールが用意されるようになりました。

もちろん、バニラランクをプレイしてロールキュートークンを貯めなければならないので、無制限に使える機能ではありません。しかし、自分の好きなロールをプレイできるようになったことで、プレイヤーはよりハッピーになり、ランク体験の様相を一変させました。

プレイヤーがより快適に過ごせる

ロールキューモードでは、プレイヤーが望まない役割を無理に押し付ける必要がないため、より快適に過ごすことができます。もちろん、ロールキューのトークンは有限なので期間限定ですが、それも積み重ねることができます。

MMRとランクはesportsシーンにどう影響するのか

毎月、11,000MMRや13,000MMRといった新しいマイルストーンを達成するプレイヤーがいます。esportsシーンでは、MMRに応じて最もスキルの高い選手を採用し続けるため、それが標準となっています。

これは、Amer 'Miracle-' Al-Barkawiが2015年にOGでプレイした際に、世界的に有名なプレイヤーになったことから始まりました。彼は注目のランクマッチで人々が目にする「パブスター」でしたが、彼は素晴らしいesportsの才能もあることが判明し、史上最高のプレイヤーの1人となりました。

ベストプレイヤーをスカウトする

「Miracle-」の台頭により、Dota 2 esports界はランクラダーで最も優秀なプレイヤーの募集を行うなど、フォローアップを行っています。Dota 2 プロサーキットの大半は高ランクのプレイヤーで構成されているため、これは重要なことです。2度のチャンピオンに輝いたAnathan 'ana' PhamやJesse 'JerAx' Vainikkaのように、多忙なプレイヤーでありながらランクマッチを避ける傾向にある外れ者もいるようです。

しかし、MMRシステムはトップクラスのプレイヤーの指標となるものです。なぜならスキルがなかったり、その数字にふさわしくなかったりすると、そのような栄誉を得ることはできないからです。Dota 2は繁栄を極めているesportsタイトルであり、最高のプレイヤーが最大限に活かされ、それらの名前がランクラダー、ひいては2023年のesportsイベントのSports betting Japanのマーケットで見られるようになれば、それは改善されていくでしょう。

Dota 2のMMRシステムがうまく機能している

競技用ビデオゲーム業界はランキングシステムで溢れていますが、時にはまだ正確性に欠けることもあります。Dota 2に関しては、信頼できるランキングシステムを確立しています。大部分は大成功を収めており、Dota 2ではValveの得意技でもある段階的な改善が行われるようです。

sportsbet-cta-2